スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWの一ノ瀬(2011.5.3~2011.5.4)

5月3日の春駒にあわせ、一ノ瀬を訪問しました。

予想よりも桜の開花は遅いです。

村全体としてはまだまだですが、民宿みはらしさんの周辺だけは桜、スイセン、芝桜がきらいに咲いていました。

一ノ瀬キャンプ場入り口から民宿みはらし方面を見る

ツツジは村のところどころで鮮やかな花を咲かせていました。

民宿しゃくなげ庭先のつつじ

笠取小屋のすぐ下に咲くミズバショウはどうでしょうか?

笠取小屋付近に咲くミズバショウ

写真左にあるのがミズバショウです。

笠取小屋のすぐ下、一休坂を上り詰めた木道の右側に一株咲いています。見落とさないよう注意して歩いてください。

ミズバショウは少し遅かったようです。

そして、そのすぐ後ろに、ザゼンソウがあります。

笠取小屋付近のザゼンソウ

ザセンソウはまだつぼみの状態でした。

水干祭りあたりが見ごろではないかと予想しています。

ザゼンソウは雪解け頃に開花し、その後葉を広げます。
今は花が終わり、葉が開く前の状態です。

スポンサーサイト

テーマ : 奥秩父
ジャンル : 地域情報

2011.05.03




今朝から一ノ瀬に来ています。

桜の開花は予想より遅く、まだ所々で一分咲二分咲といった感じです。

山菜もまだ早いようで、コシアブラやタラの芽コゴミが食卓に並ぶのはもう少し先でしょうか。

今はふきのとうがおいしいです。

ふきのとうの天ぷらはやみつきです!

今宵、春駒があります。

会場となる村の集会所付近は、色鮮やかな飾り付けがされて、粛々と準備が進んでいました。

雨降らないと良いな。

道祖神巡り

1日の夜、犬切峠付近で星の写真を撮ったあとクルマの中で寝ていたら、フクロウにクルマの中を覗かれました。
(^^;)
朝起きると、ほこりまみれのクルマに、しっかりと羽根の跡が残っており、ついでに糞までありました。
(T_T)

そういえば、村には「北辰妙見大菩薩」の道祖神があります。ふと思い立ち、ふくろうつながりで、道祖神を見て回ることにしました。

それに、3日と4日は春駒があります。春駒は道祖神詣りのお祭りです。これも何かの縁でしょうか?

え?なぜふくろうと妙見菩薩がつながるかって?

北極星は天の中心からこの世界を見渡す存在で、「妙なる力で全てを見通す(優れた視力)」とされていて、夜目が利くふくろうは妙見菩薩の化身とされています。

妙見菩薩を祭る秩父神社にはふくろうの彫り物があります。

というわけで、まずは「黒川鶏冠神社」から。

「黒川鶏冠神社」は、黒川金山の金堀衆が一之瀬の移り住んだときに、黒川谷から移設したようです。奥の院は今も鶏冠山の頂上付近にあります。

中を覗くと、神棚に供えてある札に「富士浅間神社」と書いてあります。富士講の名残でしょうか。

富士浅間神社

富士浅間神社-正面

そのまま二ノ瀬地区の消防署前を通り過ぎますと神金分校があります。

この分校の近くに2つの道祖神があります。

「三界萬霊塔」
三界萬霊塔

「南無阿弥陀佛」
南無阿弥陀仏

三界とは「欲界」「色界」「無色界」、または「仏界」「衆生界」「己界」を意味します。 万霊塔とは、塔に宿った霊を、周囲をまわりながら供養するためのものです。

とはいえ、塔の周りは草ぼうぼうだし、塔の周りを回っている村人をみたことがないので、道祖神のひとつとして祀られているのでしょう。

阿弥陀如来も同じでしょうか。

ついでに、学校の近くに立っていた「春駒」の案内板です。
春駒の案内板



奥多摩屋旅館さんを過ぎると右手と左手に道祖神があります。

「北辰妙見大菩薩」
北辰妙見大菩薩

北辰

妙見大菩薩

「浅間大菩薩」
浅間大菩薩

地元の方は北極星の神様が一番偉いと言っています。

如来である阿弥陀仏よりも菩薩を名乗りながらも実は天部に属する妙見菩薩を上位と考えるのは何故でしょうか。

妙見信仰とか星宿信仰は道教や密教の流れをくむとされています。

この地域は山岳信仰をおこなっていたそうで、山岳信仰もまた道教や密教の影響を受けているらしいので、そんなつながりから...なのかどうかはわかりませんが...

あるいは、妙見菩薩は造化三神の一柱である「天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)」と習合したと考えられていますから、神道としては正当な考えなのでしょう。

浅間大菩薩は、その昔一之瀬では富士講をおこなっていたと地元の方に聞いたことがありまして、その関係でしょうか。

二ノ瀬地区から三ノ瀬地区に行く途中、「オコヤ」があります。

道祖神祭オコヤ
祠

「オコヤ(お小屋?)」とは、道祖神が宿る家です。お祭りの時に作られるものだそうです。
しかし、こちらのオコヤはいつもあったような記憶が...

林道一ノ瀬を少し登り、貸別荘「白樺」の横にある昔道を進みますと、右手に道祖神が現れます。

道祖神(御神体の丸石)


こちらの道祖神は、男性器・女性器をモチーフにしたものや、猿田彦と天宇受賣命(アメノウズメ)の夫婦像が彫られている、いわゆる一般的な道祖神とは違って「丸石」です。

丸石の道祖神は、何故か山梨県地域にしかありません。
いつ作られたものかはわかりませんが、一ノ瀬の道祖神も同じ系列のようです。

昔、道祖神詣りである「春駒」は、この道祖神の前からスタートしたそうです。

昔道から再び林道に戻り、民宿しゃくなげさんを過ぎて少し登ると、左手におかいこ様があります。

「蚕影山」
蚕影山(お蚕様)


養蚕の神様です。

一ノ瀬は、焼畑と林業だけでなく、養蚕も行っていたそうです。

養蚕は甲府盆地の東側で盛んだったそうで、塩山駅の前にある甘草屋敷は養蚕に適した建築構造になっています。

一ノ瀬にも同じような造りの家が沢山あったそうです。

村の道祖神はここが最後になります。

昔は、富士講や三峰講が行われていたそうです。

春駒、道祖神、金山...
一ノ瀬の歴史を思うと、知りたいことがたくさん出てきます。

ふしぎ不思議!

テーマ : 奥秩父
ジャンル : 地域情報

プロフィール

こぐれえいじ

Author:こぐれえいじ
『しゃくなげ通信』へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。