FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放光寺(一ノ瀬高橋ゆかりの寺)2011年1月15日

一ノ瀬高橋の歴史を調べていると必ず出てくるお寺があります。

『放光寺』

武田信玄公が戦勝祈願に訪れたお寺です。

塩山から秩父往還雁坂峠に向かう道を進むと、恵林寺よりも少し北側にあります。

開基は、元暦元年(1184年)甲斐源氏新羅三郎義光の孫安田義定と伝えられています。

源平合戦(一の谷の合戦)で戦功を上げた後に建立しているようです。

建立の際、一ノ瀬高橋の『法光山高橋寺』を移し『高橋山法光寺(後に放光寺)』となったというのが通説でしたが、放光寺の縁起を読むと、荘園名の『高橋庄』からとったということらしいです。

名前の由来が間違っていただけなのか、そもそも一ノ瀬高橋とは無縁なのか、縁起を読むだけではわかりませんでした。

重要文化財の仏像もあるということで、一度は行ってみよう思ってましたがなかなか機会がありません。

今回、春駒の開演が18時ということでしたので、余裕を持って塩山に入り、放光寺を訪ねてみました。


01_放光寺

山門(仁王門)には、とても立派な阿形像,吽形像(重要文化財)がありました。

仁王門と金剛力士像は、愛染堂,薬師堂とともに天正年間(1573-1592)に仏師原から移転されたものだそうです。


02_放光寺沿革

沿革を見ると、この金剛力士像は重要文化財で、鎌倉期の作となっています。

そのほか、大日如来坐像、不動明王立像、愛染明王坐像の平安時代の仏像三体も重要文化財に指定されています。


03_放光寺

境内です。

写真向かって右手にある鐘は、南北朝時代の作だそうです。

本堂へ向かう途中に、観音像があります。

04_鶏冠観世音菩薩

『鶏冠観音』だそうです。

05_鶏冠観世音菩薩縁起

縁起を見ると、黒川金山にまつわる精霊を供養するために建てたようです。

ご住職に拝観料(四百円だったか)をお渡し、ご住職からお寺の由来などの説明を拝聴しまして、後は自由に見てくださいとなりました。

本堂にあった大日如来像、不動明王像、愛染明王像は、保存のため温度湿度が管理されている特別棟に引越しておりました。

本堂を出、いくつかの建物の中を見てまわりました。

ひとつめの特別棟には、毘沙門天立像がありました。

山梨県指定文化財だそうです。この毘沙門天立像はなかなか立派でして、どこかで見た信玄公のお顔にちょっと似ている気がしました。

そしていよいよ重要文化財の三像が納めてある特別棟へ。

スッキリとした印象の大日如来坐像、少し古さを感じる不動明王像も良いのですが、愛染明王坐像は素晴しかった。

三眼六臂で、天に向かって弓矢を構える姿はなかなかの迫力。

いやぁ見てよかった!

撮影禁止でしたので、ポスターを撮ってきました。

06_愛染明王(三眼六臂天弓愛染)

境内には何組かいましたが、拝観料をお支払いして本堂や仏像を見ていたのは私だけ。

のんびりじっくり時間をかけて見学できました。

満足です!

奈良は仏像を見るところ。京都は庭を見るところ。甲斐は...

仏像を見るところかも知れません。

スポンサーサイト

テーマ : 奥秩父
ジャンル : 地域情報

黒川金山史跡探索(2010年5月3日)

一ノ瀬高橋は、黒川金山の金堀衆である「黒川衆」が移り住んだ場所といわれています。

道祖神祭り「春駒」は、一説によると黒川金山衆の時代から行われていたとされています。

そんなわけで、国の史跡に指定されている「黒川金山史跡」まで行って見ました。

黒川金山は、鶏冠山(けいかんざん)の山腹にあります。最近は、昭文社の山と高原地図「大菩薩」にもルートが明記されています。

国道411号線から泉水谷林道に入り、黒川谷沿いの駐車スペースにクルマをデポ。上記地図を片手に1時間30分ほどで「黒川千軒跡」に到着。


黒川千軒跡

発掘調査をおこなった際、このテラス状の石組み周辺に家を建てた跡や陶器の破片、精錬のための石臼などが見つかっています。


黒川金山史跡循環道(下分岐)

この場所から、循環道を通って坑道跡を見てまわろうとしましたが...


循環道通行止め

崩落があったということで、トラロープが張られ、残念ながら通行止めになっていました。

黒川金山史跡循環道(上分岐)

循環道の上側から入れないものかと上がってみたところ、ここにはトラロープがありません。

いけるところまで行って見ました。

ありました!

黒川金山史跡概観

ここは確か旧坑だったかと思います。

黒川金山史跡崩落

もう少し先まで行き、近代坑も見たかったのですが、今回はここで引き返すことにしました。

テーマ : 奥秩父
ジャンル : 地域情報

プロフィール

こぐれえいじ

Author:こぐれえいじ
『しゃくなげ通信』へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。