スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまねの話

一ノ瀬集落には昔、ヤマネが住んでいたそうです。

春先になると、押入れで冬眠中のヤマネを見つけたとか、夕方木の枝にぶら下がって走っていた...なんて話をよくきいたそうです。

今もいるようですが、その数は減り、みかけることも稀だそうです。


将監小屋の小屋番さん(カネオさん)に教えてもらった話ですが、ヤマネは鳥小屋を住処にすることがあるそうです。

鳥小屋の丸窓の周りに、自分の縄張りであることを示すためにバリバリ齧るので、それを見つけるとヤマネが中にいるかも知れないとのこと。


巣箱


こんな感じでしょうか?

蓋をあけてみましたが、残念ながら不在でした。


追記
ヤマネの研究をされている杉山様から、巣箱を齧るのは、リス,ムササビ,テンではないかというご指摘をいただきました。
確かにこのあたりでリスをよくみかけますので、カネオさん説は、偶然の組み合わせだったのかもしれませんね。
どちらにしても、巣箱を覗く楽しみが増えました。
カネオさん、杉山様、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 奥秩父
ジャンル : 地域情報

プロフィール

こぐれえいじ

Author:こぐれえいじ
『しゃくなげ通信』へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。